【FIREという選択】早期リタイアなんて夢のまた夢なのだ【投資】

スポンサーリンク

FIRE

みなさん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

世の中にはすごい人がいますね。

30代で投資信託を続け、1億円を貯めたそうです。

どうしたらそんなことができるんでしょうか。

支出を除いたすべてを投資にまわしたそうです。

特に日本で銘柄を探すより、ここのところはアメリカでの投資信託がメインだったとか。

GAFAに代表される大企業は全部アメリカに偏っています。

かつては日本にも成長企業はあったんでしょうけどね。

最近はちっとも鳴かず飛ばず。

三菱とか東芝なんて、どうしちゃったの。

17年間かけて投資したら、元本がどんどん増えたらしいのです。

年利4%あれば、元本は減らないと予想したんです。

だから辞めちゃった。

FIREという言葉の意味をご存知ですか。

「Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)」のことです。

誰でもが夢見るんでしょうか。

自分の時間を思うように使えて、通勤電車に揺られることもない。

年間支出が300万円の場合、25倍の7500万円の資産が必要です。

もちろん、もっと元本があればあれば、もっと自由に使えるお金が増えます。

俗に4%ルールと呼んでいますけど、そんなに簡単じゃありません。

今はできても、少し先は誰にも読めませんからね。

スポンサーリンク

メリット

当然メリットがたくさんになければ、会社を辞めるなんて決断は出てきません。

あたりまえの話です。

ぼくなんか、何年働いているのか。

自分でも茫然としちゃいます。

最大のメリットはなにか。

働かなくていいことです。

複雑な人間関係に煩わされることもなく、自由気まま。

趣味と家族へのサービスに時間を使えます。

当然、ストレスも減ります。

イライラしないですむ。

若い人に多いみたいですね。

うまくいったら、はやく仕事をやめてのんびりしたい。

好きなことのために、時間を自由に使いたい。

目標の額までいかなくてもやれないワケじゃありません。

生活費を少なくすればいいだけの話です。

自分にとって何が大切なのかをいつも考えるようになります。

それがいいのかも。

少し足りない分だけ、働くという選択肢も可能です。

晴耕雨読の現代版かな。

週に2日だけは勤めにいくとか。

完全にやめてしまえば、どこででも暮らせますね。

リモートで働くという選択をくっつけるというのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

デメリット

FIREは必ず成功するとは限りません。

ここが1番厄介な点です。

せっかくの投資が失敗してしまうケースも多くみられます。

アメリカの投資信託だからうまくいくというワケではありません。

相当、研究しないとダメですね。

それに年4%の運用益が維持できるとは限りません。

低金利がまだ続いています。

少しでも下がれば、そこでアウトです。

投資に伴うリスクは読み込み済みですか。

現金をもっていないと急な出費への対応が難しいことがあります。

具体的にはなんでしょう。

わぬ出費といえば、やはり病気、事故です。

突然具合が悪くなったりすることで、投資も中止しなくてはなりません。

会社に勤めているということはある意味、保険の要素もあるのです。

ぼくなどは、いろいろな人に教えてもらう日々の生活が1つの生きがいでもあります。

毎日、好きなことだけをやっていろと言われても、どうしたらいいのか。

正直、悩みますね。

スキルの維持

難しい作業を与えられるから、スキルもアップしていくのです。

人から教えられることの量は想像を越えます。

どうしてもFIREまで進むのなら、やはり晴耕雨読的な形が1番いいんじゃないでしょうか。

大多数の人はそれも出来ずに、唸りながら働き続けるんでしょうけどね。

仕事があるだけ、よかったということもあります。

人生は想像以上に長く、そして短いものです。

アマゾンに投資を続けたからといって、それで盤石なワケではありません。

スポンサーリンク

アップルもグーグルも同様です。

ここはじっくりと取り組んでいきましょうよ。

じゃあね、バイバイ。

@おすすめ関連記事
Column
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
すい喬Web