【100均・のりがつきにくいハサミは絶品】プラスのはよく切れる

スポンサーリンク

プラスのはさみ

みなさん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

バカとハサミはつかいようだと昔から言いますね。

全くその通り。

切れないハサミは本当に頭にくる。

ちゃんとした高いのを買えばいいんです。

でも勿体ない。

つい100均ですましちゃいます。

するとどうなるか。

すぐダメになるのだ。

台所が主戦場です。

やたらといろんな袋を切る。

少しすると、刃先にいろんなものがくっつく。

中性洗剤で洗います。

スポンジでていねいにゴシゴシと。

ところがすぐにねばついてなんかがくっつく。

どうなってるんでしょうね。

ハサミがないとダメなんです。

切れ目の入っているものばかりじゃない。

包丁でやるのも剣呑です。

そこでなんとかしなくちゃと思い、再び100均へ。

どうしてこうなるの。

バカみたい。

スポンサーリンク

やっと見つけた

これは掛け値なしにいいですね。

最近の大ヒット。

型番をこっそりお教えします。

SC-155SN。

メーカーはプラスです。

ご存知ですよね。

あの文具メーカーです。

いろいろと探しました。

そうしたら、こんな大手でも100均相手に商売をしてるんだということを知りました。

袋をみると、そこには「のりがつきにくいハサミ」と書いてあります。

「のりがつかない」と断言していないところが奥ゆかしい。

気に入りました。

刃の先に段差がつけてあるのです。

だからくっつきにくいのかも。

あれこれと切ってみました。

実によく切れる。

紙なんか、全く力がいりません。

刃だけがスイスイ泳いでいく感じ。

これで100均仕様だというのかなとちょっと考え込んでしまいました。

よくできてる。

これは紙の上をスイスイと泳ぐ神だよ。

なんて洒落てる場合じゃありません。

最近は目新しいだけで、どうもイマイチの品ばかりでした。

今回は本物ですよ。

スポンサーリンク

欠品はないと信じたい

100均は売り切りなんですよね。

1度にものすごい数を作って、大量に売る。

だから安くつくれるワケです。

逆にいえば、足りないから作ってくれというのがなかなかにしんどい。

そこはメーカーと問屋の力関係しょうね。

この先、同じ型番の商品がいつまで売り場にあるのか。

それは誰にもわかりません。

出し惜しみをしているとも考えられないしね。

ちょっと前にあったもの

そうです。

ちょっと前にあったあれが欲しいと思っても、次に行く時にはもうないということがよくあります。

それくらい商品の動きが早いのです。

最近は完全に定着しましたからね。

かつてのバッタ屋的な商売はしません。

逆にいえば、いい商品を長く売りたいでしょう。

つまりこの型番をねらえということです。

少し買いためてくかと今、密かに計画しております。

ガムテープとか、すぐハサミにべったりくっつきますからね。

あれだけは避けたいです。

いつもスッキリと切れるという基本があれば、それでいいんです。

ぜひ、トライしてみてくださいな。

スポンサーリンク

今日はここまで。

じゃあね。