【経済アナリスト・馬渕磨理子】苦労しながらここまできた才女に軍配

スポンサーリンク

経済オンチ

みなさん、こんにちは。

経済にからきし弱いブロガーのすい喬です。

なんにもわかりません。

円安だのドル高だの。

どれもチンプンカンプンです。

それでも生きていかなくてはなりません。

つみたてNISAと一般NISAの区別もつきません。

証券会社に親近感もなし。

昔、駅前の会社で公社債投信を買ったくらいですかね。

なにしろ銀行に預けてるだけで、どんどん預金が増えていったいい時代を生きてきました。

といってもぼくには無縁な話ですけど。

かつては5年で1.5倍、10年で元利合計が倍になりました。

そんな時にわざわざリスクのある投資なんてする人はいません。

というわけでもなく、面倒臭いので暢気に暮らしていたのです。

だからバブルも知らず、はじけたのも知らず、誠に平和でした。

しかし今は政府の大合唱です。

せっせと投資をしろというワケです。

でも損はしたくない。

となれば投資信託ということになりますけど、それだって、ほとんどが手数料商売のネタでしたありません。

儲かるより前に、手数料をどんどんとられるのです。

知らないということは怖ろしい。

年金の支払いのない奇数月にお金が配当されますよ、なんてイカサマくさいのもありますからね。

知らないことは今や罪だよ。

スポンサーリンク

増税とNISA

ここへきて、今度は税金の話です。

防衛費だってなんだって、お金が必要なんです。

会社からとるか、個人からとるか。

国債ならかんたんだけど、償還しなくちゃいけないしね。

そうそう、紙ばかり刷ってるわけにもいきません。

年金も今のレベルじゃ払いきれないのは明らかです。

そこで小規模な企業のパートにまで、網を広げました。

支払の年数も増やしました。

それでも足りないから、次はNISAで投資をしましょうというワケです。

最近、なんにも知らなすぎて、ちょっと悲しいので、この人のYoutubeを見てます。

経済アナリストの馬渕磨理子さんです。

どんな人なのかは、各自で調べてください。

ぱからっ、ぱからっで始まる楽しい動画です。

最近、見ている人が増えているみたいですね。

どうしてもかたくなってしまいそうな経済の内容を、笑顔でカバーしています。

美人はなにをしても得ですよ。

今回は最近のネタを少しだけアップします。

彼女の冷静な分析は、苦労して自分のものにしただけに、常識的な人の感覚に裏打ちされています。

いわゆる兜町に昔巣くっていたタイプとは全く違いますね。

そこが自然体で好きです。

ぜひ覗いてみてください。

投資なんて関係ないという人向けの動画です。

これで儲けようなんていう人は見てられないでしょう。

スポンサーリンク

アマチュア感覚がこの人の真骨頂ですね。

今日はここまで。

じゃあね。

バイバイ。