寄席って何?



エンタメ系沈没

今日からまたコロナの緊急事態宣言だ。
3度目らしい。
くたびれたね。
これが実感。

エンタメ系は全部終わりだと思ってました。
芝居も音楽も映画も、全部NG。
東京都内に四つある寄席はやるのだとか。
お客を半分にして通常通りの営業だそうです。

その理由がすごい。
例外規定である「社会生活の維持に必要なもの」に該当するということだ。
思わずうなった。
社会生活の維持とはすごい文言だね。



社会生活の維持

なんだって社会生活の維持に必要ですよ。
演芸だけに限らない。
音楽がなかったら、気が違いそうになる人だっている。
芝居だってそうだ。

「アニー」なんか昨日開幕して、1日で終わりだとか。
かわいそう。
場内の換気。
寄席はやっばり必要なんだな。

すごいです。
なんだか感動してる。
さて僕の落語熱はそれほどのものであるのか。
自己検証が必要だな。

今日は林家染二の「中村仲蔵」を拝見させてもらいました。
浄瑠璃が入って太棹が入って、このやり方もありですね。



妙見様

柳島の妙見様に行きましたよ。
マンションの1階にあったのは驚いたけど。
仲蔵さんが見たら、さぞや驚いただろうね。
世の中、そんなもんだ。

おきしという女房はどうなのか。
いい女房なんでしょうか。
悩む。