どうやって噺を覚えるのか





昔は三遍稽古といって、師匠が目の前で三回同じ噺をしてくれたのだそうです。
それを弟子は必死で覚え、四度目には演じてみせたとか。
勿論、テープレコーダーなんてありません。あっても許されなかった。
でも、そんなことができるのかなあ。
できるんでしょう。つまりそこまで命がけだったということです。

今はそんなことはない。
録音をしてもいいよと言ってくださる師匠も多い。
テープレコーダーの時代はとうに去り、ボイスレコーダーなんてのもあります。
映像をビデオに撮るなんて手もある。
それをiPODとかスマホなぞに入れて、見て覚える。
あるいはDVDをくれたりする。

しかしどんなに時代が便利になっても、やっぱり最後は自分の意思でおぼえなくちゃならない。
ここは同じです。
とにかくがむしゃらに頭から噛み砕いていく。
全部ノートに一度書き写してから覚えるタイプも多いようです。
そのまんま音楽を聴くように覚える人もいる。
どうも本で覚えるのはあんまり上策ではないようです。
これは脳ミソに噺ががっちりと食い込まないみたいですね。

さて一般論としては次の4パターンに分かれます。

すぐに覚えてすぐに忘れるタイプ
なかなか覚えなくて、すぐに忘れるタイプ
すぐに覚えて、なかなか忘れないタイプ
なかなか覚えられなくて、すぐには忘れないタイプ

どれが一番多いのか。
三遊亭円丈師匠の著書『ろんだいえん』によれば、4番目が理想なのだとか。
というか芸人には多いんだそうです。
あとは高座で何回やるかというところかな。

ぼくはちなみに大事なところだけ書きます。
あとは音楽を聴くみたいに何度も耳から覚えます。
ばかみたいに何度もね。あるとき、あんまり熱中しすぎて電車を乗り過ごしました。
必死で聞いていると、音から噺が入ってくる。間もわかります。だから覚えた師匠の噺に似ちゃう。これはまずいです。
これは要注意だな。

とにかく覚えたいという一心あるのみ。鬼の一念、岩をも通すだ。
それでも覚えにくいところが必ずあります。そこを潰していくのが難行苦行なのだよ。
プロだって毎日やってても、忘れたりするのです。
いわんやをや…。
肝に銘じておかなければならんね。

コメント